• ホーム
  • アレルギー症状は遺伝性によるものか

アレルギー症状は遺伝性によるものか

アレルギーにはアトピーや花粉症などがあり、種類や症状もさまざまです。
食物アレルギーは命に関わる危険性もあるため気にする人も多いでしょう。
アレルギーを引き起こす原因は、生活スタイルや精神的重圧、環境など多岐にわたりますが、親から子供への遺伝によっても発症します。
両親か片親のどちらかがアレルギー持ちである子供は、両親ともアレルギー持ちでない子供に比べ発症率が高くなる傾向にあります。
しかしここで注意したいのは、必ずしも親の持つアレルギーがそのまま子供へ遺伝するわけではありません。
あくまでアレルギー体質が遺伝するのであって、親が花粉症だから子も花粉症になるかと言うと、別問題になります。

子供がアレルギーになりやすい体質であるからと、諦めてしまうのはいけません。
なりやすいからこそしっかりと予防やケアを行い、少しでも発症しないように努めることが肝要です。
例えば、子供が幼いうちの肌は保湿力が弱く乾燥肌になりやすいです。
そうなると肌を保護する機能が弱まり、空気中に存在するアレルギー物質が入り込んできてしまいます。
その結果、アトピー性皮膚炎を発症してしまうことに繋がってしまいます。
そのため、毎日しっかりと保湿して肌を保護してあげることが必要です。

また、アトピー性皮膚炎を発症した場合でも適切なケアを心掛けることで、症状の安定やぶり返しを防ぐことができます。
具体的には、肌の状態だけで自己判断せず、適切な期間と回数でステロイド軟膏を塗り続けてあげます。
このとき、医師の指示を仰ぐことを忘れないことも大切です。

遺伝性についてはこれまで関連性が疑われていたものの、決定的な仕組みは解明されていませんでした。
しかしながら、マウスを使った研究によって「mina」という遺伝子因子がアレルギー発症に関与していることが判明しました。
研究ではマウスが対象でしたが、ヒトも同じようにmina遺伝子が関与していると考えられるため、研究の進展が期待されます。

アレルギーは環境によっても変わるのか

mina遺伝子が多くあればアレルギーになりにくい体質、逆に少なければアレルギーになりやすい体質だと今の研究では考えられています。
では、アレルギーになりやすい体質ではどうしようもないのかと考えてしまいますが、アレルギーは体質だけでなく環境からも大きな影響を受けます。

環境とは、今生活している場所である住環境、食事による食環境、衛生環境や水、大気、土壌環境を指します。
この環境が悪いのでは、アレルギーになりにくい体質でも悪影響を受けることになりますし、アレルギーになりやすい体質ではさらに強い影響を受けることになるでしょう。

アレルギーには、症状を発症する原因となるアレルゲンが存在します。
このアレルゲンを取り除かないと、乾燥肌対策のために保湿をしたり、症状を抑えるためにステロイド軟膏を塗ったりと、子供のアレルギー症状のケアを続けることになります。
このようなケアは、症状に対してのケアであり、根本的な改善ができるものではありません。

喘息やアトピー性皮膚炎は、主な要因はチリダニだと言われています。
このチリダニが原因の9割を占めとも考えられていて、薬では症状が改善できなかった人は、ダニ対策をしただけで症状が改善したという事例があるほどです。

アレルギーは親からの遺伝、遺伝子、環境と、様々な要因が組み合わさって起こる症状です。
しかし、その症状を発症させる原因となるアレルゲンを取り除くことができれば、発症する可能性はかなり抑えられるでしょう。

症状が発症するアレルゲンを確認し、アレルゲンに触れない環境を作ってあげることは症状を発症させないための根本的な対策をすることにつながります。
薬でケアをすることだけを考えるのではなく、アレルギーを発症させない環境作りをすることが重要です。